韓国人夫とシドニー暮らし。
あんなことこんなこと
書いてます。


食べ物ファイル倉庫
smoky kitchen


since 2002.07.25
copyright[c]2002-2006
tamakichi all rights reserved


フォロー中のブログ
halcan
上 海 食 府 ふ ぁ ...
青空の方法 KinGen...
湘南通信
青空の方法 KENTA*MAX
ばーさんがじーさんに作る食卓
あんずとクランベリー
Meglio tardi...
LINK
最近疲れ気味
 あっという間に結構な時間が。ここ最近あったことを箇条書き。
(冷蔵庫にあるもので適当に晩ご飯、的な流れです。)

■ついにフィットネスクラブ加入。
今のところヨルシミ(=熱心に)通っております。
小一時間ひたすら漕ぐ!走る!踏む!弾む!汗だくだく!

■だのに太った?
なーぜー(涙)。
今後に期待ってことで。

■日本馬が勝った。しかもワンツーで。
知る人ぞ知る、オーストラリアの国民的行事・メルボルンカップ。
何と日本のお馬が1位2位。買っときゃよかったよー。
サッカーでがっかりさせられたから、今回も期待してなかったんだけど。
いつになく新聞もテレビもジャパンジャパンと連呼しておりました。
ヘッドラインには"SUN RISES ON A NEW CHAMP"とか、やたら「日いづる国」と
書かれていたのが印象的。
ちなみにこの日はオーストラリア経済は完全に麻痺です。

■仕事で火傷続発。
特に左手は実に痛々しいことに。
皆さんもてんぷら油には気をつけてね。
ホントに怖いんですよ今の職場もうほとんど命懸けなんですよ。暑いし。

■そしてまだ夏は来たらず。
どういうわけか曇りがち雨がちで、気温も20度を行ったり来たり。
去年の今頃はもっと暑かったけどなあ。
9月に妹が来た頃より寒くなってますよ。
種植えしたシソ(密輸)も発育不良で困ってます。

■今年も迫り来る社交のひとときに怯える。
去年も参加しました相方の会社のクリスマスパーティ。
今年は即席カジノ付きシドニーハーバー・クルーズだそうです。
こういうのってパートナー同伴だから、ねえ、私だけ行かないってのも出来ないし。
今年は、ドレス買わないとなあ…着てくもの、ホントにないや。
ああ、面倒くさい……。
[PR]
by たまきち | # by tamakichy | 2006-11-09 20:43 | 日々の暮らし
夢と魔法と物欲の王国
 週末、久しぶりに日系スーパーの東●マートに行ってきた。
b0039905_22371122.jpg
普段、日本の食料品(お味噌とかみりんとかほんだしとか)はシティの比較的小さめ日系スーパーで間に合わせているのだけれど、やはりシドニーで日系スーパーと言えば●京マート。言うなれば天下の総本山といったところか。しかしそうちょくちょくは行くことが出来ない。なぜなら

1. シドニー北部で、遠いし交通の便があまりよろしくなく
2.お値段も気持ち高めで
3.ポイントカードはあるが20ドルで1スタンプなのでなかなかたまらない

から。
しかしこの週末はどういうわけか、「久しぶりに冷やかしに行ってみようかね」という流れになり、相方に車を運転させてほぼ一年ぶりの東京●ートへ。

店に足を踏み入れたとたん、その広大な売り場面積と品揃えの豊富さに、私たちのアドレナリンは突然ドバーと大分泌。それはまるで生まれ育った「緑がいっぱいマムシもいっぱい」の八王子から、色とりどりの輸入玩具やおしゃれなお菓子のひしめく原宿キディランドへ迷い込んでしまったあの時のよう(←どの時だ)。

とりあえず今回は見るだけにしてアタリをつけ、セールになったら買いに来ましょう、などという甘い決心は一瞬にして崩れ去り、しらす干しだのアジの開きだのをバカスカ籠に放り込む私。泣く子も黙る東京マ●トに相方も気が動転しているのか、入れ物がアルミボトルというだけなのに、シティで粉末で買えるポカリを買ったり、2リットルのウーロン茶ボトルを持ってきて「飲みたい」と訴えてみたり、とても尋常な様子ではない。あの経済至上主義、ハイパーエコノミックアニマルと呼ばれた相方が。しかしそんな夫に釘を刺すはずの妻もまた、「ココナッツサブレ」なんかを値段も見ずに籠に入れているので、いよいよまったくストッパーが機能しない夫婦になってしまい、「見るだけ」のつもりが、レジでは軽く40ドルを越えていた。やったね、スタンプ2個だ(涙)!!

帰宅してからもこの異常なアドレナリン分泌は続き、夕食は
 □しめさばの握り
 □アボカドとワサビの握りにカリフォルニアロール
 □蒸し鶏のサラダ、ゴマダレ風ドレッシング
をこしらえて食べる。
嗚呼……幸せ…。

危険だけど、たまにはいいかも。東京マー●。
とりあえず、今一番警戒しているのがあのココナッツサブレ。
相方が虎視眈々と狙ってるよ…。
[PR]
by たまきち | # by tamakichy | 2006-10-23 23:24 | 豪州生活
さんまを焼く
 先日、バイト帰りに寄った日系スーパーにて冷凍さんまをお買い上げ。

まさかこんなところでさんまを食べることが出来るなんて。
ちなみに東京で一人暮らしをしていた時は、小さいアパートでガス台も置けなかったため魚焼きグリルがなく、それでもめげずに季節になると、近所の大戸屋までチャリンコを走らせて「さんまの塩焼き定食」を食べに通っていた。そのくらいさんまは好き。

で、その買ったさんまを解凍し、食べようと思っていたその日に、バイト先(日本食レストラン)で「たまきちさん今夜のおかずは決まったの?」と聞かれたので、「さんまを焼こうかと思っちょります」と答えたところ、オーナーシェフ以下皆が皆口を揃えて、

「さんまは煙でるよぉ」
「オーストラリアの台所は、換気が甘いから」
「いやものすごい煙が」
「けむり」「煙」「ケムリ」

と脅かしてくる。なんだなんだ。皆そんなにうらやましいかさんまが。
ただの知り合いに言われるならまだしも、本職の人たちにそこまで言われて、さすがの私もちょっとひるむ。もしも火災報知器がじゃんじゃん鳴ったらどうする。隣に住んでる中国人は多分大丈夫だろうが、もし階下のオージー家族が怒鳴り込んで来たら。さんまの塩焼きひとつで国際紛争に発展したらどうする。どうする。

しかしさんまの誘惑には抗いがたく、大根とすだちの代わりのライムを用意し、天板にはアルミを敷いて水を張り、そこへ網を乗っけて万全の体制を整える。オージー一家への、心の準備もバッチリだ。何か言ってきたら、「隣じゃないですか?」としらばっくれてやる。

そんな私の心配をよそに、さんまは非常にあっけなく、香ばしく焼きあがった。
ライムを搾って、おろしと一緒に食べると、こよなく美味しい。いや、そりゃ冷凍だから、身なんか特に日本で食べるさんまには到底敵わないけど、それ以上に久しぶりのさんまは、何というかこう、「ああ、また明日も頑張ろう」と言うような、元気の出る味だった。
b0039905_237237.jpg
やっぱり俺様も、日本人だよなあ。ワタまで食べるよ。
韓国でもさんまは塩焼きで食べるけど、どちらかと言うと塩焼き=鯖で、さんまは煮付けることが多いらしい。

さんまは3尾パックだったので、あと1尾はラップでぐるぐる巻きになって、冷凍庫に転がっている。かちこちに凍ったさんま一本、何か凶器になりそう。
[PR]
by たまきち | # by tamakichy | 2006-10-18 23:13 | 喰う
愛と欲望の
 昨日MSNホームをひらいたらば。
b0039905_0115418.jpg
愛と欲望の甲子園予告編
に見えてちょっとどぎまぎしてしまいました。

 「監督ったら、ひどい!アタシが先発だって約束したのに、何よ!」
 「ふふふ…甘いわね近藤、監督はアンタみたいなお子さまになびくような男じゃないわ」
 「…!な…中村先輩ッ!」
 「悪いけど明日の先発は、アタシが頂くわよ…ニヤリ」
 「ひどい…この、泥棒猫ッ!!」
(以上私の脳内「愛と欲望の甲子園予告編」をお送りしました。)

最近、フィットネスに通おうか、真剣に悩んでおります。
学生時代までの私しか知らない人には想像つかないかもしれないけど。
新卒で入った会社でいきなりストレスのため激やせし、転職したら1年でそこから10キロどかんと増え、ちょっとソウルで減ったと思ったらまたオーストラリアで微妙に増え…なので、せめて学生時代ぐらいまでは、戻したい。いや、やせなくても、せめてこの運動不足を是非とも解消したい。

免許、取れたのは嬉しいけど、こういうところに弊害がくるんだなあ。
どんどん楽な方向にばかり…。
[PR]
by たまきち | # by tamakichy | 2006-10-18 00:30 | 日々の暮らし
忘年会シーズンに向けて
 数年ぶりに、カラオケを意識してお歌を練習中。恥ずかしいっ!!

学生の頃確かにミュージカルをやっていたけれど、私の声は女声にしてはどうやら音域が低すぎるらしく、大学3年の頃発声練習を見てくれていた友人(男)に、「お前の声はアルトじゃない。俺と同じだ。つまりテナーだ」と言われ、ショックのあまり3キロ痩せた暗い過去を持っている(一部脚色)。

加えて。カラオケ自体めったに行かないのだけれど、社交上どうしても行かざるをえないような状況に年に2回くらいは遭遇する。そんな時に低すぎる私の声では到底歌える女性歌手の歌はなく、しかも行かないもんだから歌える歌も着々と減る一方で、ただただタンバリン係としての座が不動のポジションになっていくばかり。せっかく振ってもらっても、結局丁重に辞退する羽目になるので、場のテンションもそら、下がるわな。

しかしそんな私に、ついに福音が。
先週ドライブ中に、ラジオから流れてきたある有名女性歌手の曲が、なんと、私の鼻歌音域にぴったんこカンカンだったのである(古い?)。もうね、久々に感動したね。「これか!」とね。で、歌手の名前も曲名も分からなかったので、バイト仲間のユミちゃんに鼻歌で歌って聞かせ、彼女のiPodからついにその曲ファイルを分けてもらったのである。ふっふっふ。

実際に曲を聞きながら歌ってみると、いいかんじ。しかもタバコをやめたせいか、なんとなく高音が出るようになっている気が。
いいぞいいぞ!誰か俺様をカラオケに誘え!!

でもさ、こっちの人ってKARAOKEを「カラオキィ~」って発音するのよね。
何でKEで終わってるのに、「キィ」になるんだろ。
[PR]
by たまきち | # by tamakichy | 2006-10-13 21:37 | 日々の暮らし


カテゴリ
最新のトラックバック
ムスカ全セリフ集
from パニックな「@”」日常航海日誌
スターウォーズ エピソー..
from 青空の方法 KinGen*Max
火垂るの墓
from 「火垂るの墓」
台所
from 台所のススメ
ソ・ジソプ -本日より共..
from 韓流ひよこ組
以前の記事
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

back next random list