韓国人夫とシドニー暮らし。
あんなことこんなこと
書いてます。


食べ物ファイル倉庫
smoky kitchen


since 2002.07.25
copyright[c]2002-2006
tamakichi all rights reserved


フォロー中のブログ
halcan
上 海 食 府 ふ ぁ ...
青空の方法 KinGen...
湘南通信
青空の方法 KENTA*MAX
ばーさんがじーさんに作る食卓
あんずとクランベリー
Meglio tardi...
LINK
<   2006年 11月 ( 6 )   > この月の画像一覧
by たまきち |
男子供はすっこんでろ
 週末のショッピングセンターに行くのは好きじゃない。

平日行けばがらんがらんのところが、週末ってだけであんなにごった返すのが気に入らない。
今日は仕方なくひとりで行く羽目になったのだけど、それにしても人多すぎ。

せめてさっさと用を済ませて、早く家に帰ろうと思い、まずはharris farmへ。
ここは野菜や果物の鮮度が、スーパーなんかと比べ物にならないほどよろしく、
お値段もリーズナブル。基本は必要な分だけの量り売りなので、トローリーや籠を手に、
キロいくらの値札を気にしつつ、買いたい物を買いたい分だけ取っていく。
b0039905_22174898.jpg
harris farmの店内。(カメラマン:アニータ)

が、しかし。
平日より格段にキレの悪い店内の客の動きは一体何なんだ!と目を凝らしてよく見ると、
なんと無用な男どもとそこらを駆けずり回るちびっ子の多いことよ。
もともとそれほど広くもない店内を、お母さんと思しき女性が、勇ましく先陣を切りながら
野菜を吟味し、ビニールに詰めていく。で、その後ろを、所在無くトローリーを押しつつ
ぼんやりついて行く夫と思しき男性。はっきり言って、邪魔以外の何者でもない。
そのぼんやりトローリーが通路を塞いじゃったりして(しかも本人気付いてない)もう最悪。
人気のにんじんとかマッシュルームのまん前にトローリー、どーんと横付けにしちゃったりな。
取りたいっつの!!取れないっつの!!せめて気付いて!!!
ああこれが平日の奥様だったら常に周囲に気を配り、取りたい人がいるのを察知したらば
何も言わなくても暗黙の了解でささっとどいてくれたりするのに。するのにぃ。
ダメ押しに、そのトローリーにおむづかりのお子様が搭載されているケースもあったりして。
はぁーとため息をついて下を見ると、自分よりでかい籠振り回してうろうろしてるお子様。
母ちゃんは、ちょうどいい熟れ具合のアボカド選ぶのに必死で全く気付いてないし。

お、お、男子供はすっこんでろーーーーお!!!!!
せめて、店の外で待っててくれぇ!頼む!!真剣勝負なの!こっちは!!


そんな私の心の咆哮もむなしく、やっぱり傍若無人に動き回る男子供。
いやね、誤解のないように付け加えると、平日午後のスーパーなんかだと、会社帰りに
日用品だけでなく調味料や肉魚野菜まで、主婦のようにてきぱきと買い物している
ステキなサラリーマン(と思しき男性)だってたくさんいる。多分日本以上にいる。
(きっとそういう人は、料理もバッチリできて家族の分までご飯作っちゃったりするんだろう)
そういう男性ならむしろ大歓迎なのだけど、悲しいことに、休日にはそういうステキな
男性にはあまりお目にかかれない。
そういう殿方は週末には買い物など行かず休まれているのか、それとも横にワイフが
いると、主導権を渡さざるを得ないのか。あーあ。

しかも土日は、何と平日より早く(遅くても6時には)店が閉まっちゃう。
例えば土日にイトー○ーカドーが6時に閉店するって、ご想像つきますかしら。
やっぱり、買い物は平日するに限るね。はぁ…。
[PR]
by たまきち | by tamakichy | 2006-11-26 22:48 | 日々の暮らし
誰かに似ている
 今通ってるジムはカーディオが充実している。

ランニングマシンとか、サイクルマシンとかにひとつずつモニターとイヤホンプラグが
付いていて、TV番組なんか見ながら運動できるようになっている次第。
それを見つつ思ったこと。

◆映画のプロモーションでちょくちょく出てくるヒュー・ジャックマン。
友達のバタ○ンことケ○タロウに何となく似ている。佇まいが。
Xメンで狼男とかやってたけど、私にはどうしてもどこかお人好しに見えてしまうのよ。

◆ロビー・ウィリアムズは、加藤茶に似ている。
カトちゃんをもっと若くして、すらっとハンサムにしたら絶対あんな顔でしょ。
そう思ってしまって以来、どうしてもカッコいいと思えない。3枚目にしか見えない。
似合うと思いますけどね、禿げヅラに股引。

◆「プロデューサーズ」に出ていたマシュー・ブロデリック。
「セックス・アンド・ザ・シティ」特集を見ていたら、奥様、彼ってばサラ・ジェシカ・パーカーと
結婚してたの!?知らなかったわー。
ちなみに彼の顔には何だか弱い。見るだけでググッと来てしまう。なぜだ。
敢えて言えば「育ちのよさそうなところがたまりません」といったところか。
(私限定の)同類項としては野村萬斎。あの人の顔も無条件にグッと。

◆韓国映画「クワイエット・ファミリー」に出ていたナ・ムニ。
(もう多分ここまで来るとコア過ぎて誰もわからないだろう)
ウチの相方のコモ(父方の叔母)にすげぇそっくり!!!と大騒ぎして、
ネットで写真見つけて、結婚式の集合写真と比べてみたら、思ったほど似ていなくて
がっかり。相方曰く、「ものすごい平均的な韓国アジュンマの顔だからね」だそうな。
[PR]
by たまきち | by tamakichy | 2006-11-23 23:28 | やり場のない
最近気になるミュージカル2編
 今観たい、または気になっているミュージカルが2つ。

ひとつはPriscilla the Queen of the Desert
コレは日本でも結構ヒットした豪映画「プリシラ」のミュージカル版で、
現在STAR CITY内のリリック・シアターで上演中。
そこそこ評判がよいらしくて、今の時点で千秋楽未定。
今後海外公演の可能性もあるそうな。

ストーリーは、シドニーのドラッグ・クイーン3人がキャンピングバスに乗って、
オーストラリア中央のアリス・スプリングス(エアーズロックの近くね)で行われるショウに
出演するため旅をするお話。
映画は見たけど、流し見みたいな感じだったのであまり細かい内容を覚えてない。
中で、ピンポンをやる強烈キャラのフィリピーナが出てくるらしいのだけど、映画では日本の
女優さんがやってたんだって。
もちろん舞台でもこのおばちゃんは登場し、A席のチケットを買うと、客席まで飛んでくる
ロゴ入りのピンポン玉を記念に持ち帰りできるという特典もありだとか。

映画版だと、主人公の一人がABBAの大ファンという設定で、歌も出てくるんだけど、
舞台版だとこれまた豪州出身の歌手、カイリー・ミノーグに変わってるらしい。
さすがにABBAはダメか。
それから今調べててびっくりしたのが、ヒューゴ・ウィーヴィングが3人のうちの一人で
出てたこと。「マトリックス」のエージェントですよ!
若かりし日のエージェントの女装姿を見たい方は、今すぐビデオ屋に走りましょう。

ドラッグ・クイーンという設定なだけに、ビジュアル的にも内容的にもミュージカルに
なりやすいと思う、むしろどうして今まで舞台化されていなかったのかが不思議。
(内容として面白いかどうかはまたちょっと置いといて。)
純粋にオーストラリア産のミュージカルで、今まで成功しているのはBoy From OZくらい
なので(これもヒュー・ジャックマンが来た時観に行けばよかったと激しく後悔)、
是非とも頑張って欲しいところ。
そして千秋楽までには、一度観に行きたいなあ。

もうひとつは、Billy Elliott The Musical
これも元ネタは映画だけど、こよなく愛する映画なので、多分観に行くでしょう。
多分…ううーん、いやでもなあ、あの映画で一番好きだったのは、ビリー少年が
オヤジの目の前で無音で踊ってみせる、あの息遣い、あの目線だったしなあ。
映画は映画としてほとんど完璧に、世界が出来上がってたし画も美しかったから、
どうなんだろう。舞台はすごい観てみたいけど、同じくらいちょっと怖いなあ。
こないだチャイナタウン辺りを歩いてたら、かなり大きい看板が出てたので、
「おお!」と思ってよく見たら、2008年1月オープン……。いつの話だ。
こちらはキャピトル・シアターにて。


以上2つ、一緒に観に行きたいという方、ご連絡お待ちしております。
[PR]
by たまきち | by tamakichy | 2006-11-21 21:39 | 演劇・映画・ドラマ
不良奥様
 相方が仕事と学校が猛烈に忙しく、週末と言ってもちっとも楽しくない我が家。

片方は家にいてもずっと勉強してるか仕事してるかで、
一緒に出かけると言えば食事くらいのもの。
完全に相方中心の生活になってきてしまっている。
掃除機掛けるのも遠慮しいしいで、ちょっとストレスがたまってきたところに、
バイト先のメンバーで遊びに行くとのお誘いがあったので、喜び勇んで参加する。
ちゃんとキレイなカッコして、久々に顔も作って行きましたよ。

行き先はSTAR CITYという、ホテルとカジノと劇場が一体化した娯楽施設。
そこのビュッフェでランチと言うので行ってみたら、何と参加は延べ12人。
一緒にバイトしてるのはワーキングホリデーなんかで来てる子も多いので、
気付くと私より3~5歳くらい若い男の子に囲まれていたりして、密かに狼狽する。

ビュッフェはお料理もデザートもなかなかよろしく、がっちり閉店ギリギリまで腰を据えた後、
隣のカジノに移動して、これまた若人のコウタ君にポーキー(スロットね)を教えてもらう。
いやあ楽しい!!

ビュッフェもポーキーもカジノの雰囲気もいいけど、たまには横にいるのが
オット以外の背の高い男の子ってのもいいもんだ。←既にオバサンか!?
ちょっと悪いことしてるような気分も、またよろしい。
そうだよ、私だって(まだ)女の子ですもの。
結婚したからって、完全にオバサン精神になる必要はないのよね。
って、思ってはいても何せ毎日そうして暮らしているわけだから、自然に無意識に
侵食されていくものらしい。そういう考えに。
生活って怖い。

この日、カジノに入ろうとしたら、入り口でいかついガードマンに止められた。
ID見せろですって。オホホホホホホ!!

まだまだがんばっちゃうよ、あたしゃあ。ヘイヘイ。
[PR]
by たまきち | by tamakichy | 2006-11-19 23:31 | 日々の暮らし
まさに今、夜風に乗って
 BONOの歌声が聞こえる。

今、U2がオーストラリアツアーで昨日からシドニーに来ているのだけど、ちょうどその会場になっているスタジアムが、川を隔てて我が家の対岸にある。さっきから窓を開けてると何か聞こえると思っていたが、まさかそれだとは。だって生だよ。

Where The Streets Have No Name歌ってる。
高校生くらいの時に、わけも分からず借りたCDがJOSHUA TREE。
その一曲目に入ってた。
懐かしいなあ。懐かしい。
それにしてもすごすぎる、だって川を挟んですぐ向こうで、あのBONOが歌ってるんだ。
その声が夜風に乗ってここまで。いろんな意味で鳥肌。
こういうライブ鑑賞だってありじゃない。

時間的にフィナーレかアンコールかな。
花火も見えるよ。

何て思いがけないボーナス。嬉しい。
おすそ分けをありがとう。
[PR]
by たまきち | by tamakichy | 2006-11-11 20:24 | 豪州生活
最近疲れ気味
 あっという間に結構な時間が。ここ最近あったことを箇条書き。
(冷蔵庫にあるもので適当に晩ご飯、的な流れです。)

■ついにフィットネスクラブ加入。
今のところヨルシミ(=熱心に)通っております。
小一時間ひたすら漕ぐ!走る!踏む!弾む!汗だくだく!

■だのに太った?
なーぜー(涙)。
今後に期待ってことで。

■日本馬が勝った。しかもワンツーで。
知る人ぞ知る、オーストラリアの国民的行事・メルボルンカップ。
何と日本のお馬が1位2位。買っときゃよかったよー。
サッカーでがっかりさせられたから、今回も期待してなかったんだけど。
いつになく新聞もテレビもジャパンジャパンと連呼しておりました。
ヘッドラインには"SUN RISES ON A NEW CHAMP"とか、やたら「日いづる国」と
書かれていたのが印象的。
ちなみにこの日はオーストラリア経済は完全に麻痺です。

■仕事で火傷続発。
特に左手は実に痛々しいことに。
皆さんもてんぷら油には気をつけてね。
ホントに怖いんですよ今の職場もうほとんど命懸けなんですよ。暑いし。

■そしてまだ夏は来たらず。
どういうわけか曇りがち雨がちで、気温も20度を行ったり来たり。
去年の今頃はもっと暑かったけどなあ。
9月に妹が来た頃より寒くなってますよ。
種植えしたシソ(密輸)も発育不良で困ってます。

■今年も迫り来る社交のひとときに怯える。
去年も参加しました相方の会社のクリスマスパーティ。
今年は即席カジノ付きシドニーハーバー・クルーズだそうです。
こういうのってパートナー同伴だから、ねえ、私だけ行かないってのも出来ないし。
今年は、ドレス買わないとなあ…着てくもの、ホントにないや。
ああ、面倒くさい……。
[PR]
by たまきち | by tamakichy | 2006-11-09 20:43 | 日々の暮らし


back next random list