韓国人夫とシドニー暮らし。
あんなことこんなこと
書いてます。


食べ物ファイル倉庫
smoky kitchen


since 2002.07.25
copyright[c]2002-2006
tamakichi all rights reserved


フォロー中のブログ
halcan
上 海 食 府 ふ ぁ ...
青空の方法 KinGen...
湘南通信
青空の方法 KENTA*MAX
ばーさんがじーさんに作る食卓
あんずとクランベリー
Meglio tardi...
LINK
カテゴリ:韓国の話( 25 )
by たまきち |
降りて来るったら来る!
 昨日のステーキは結局お流れ。ちくしょう。

しかし肉をあきらめきれない私たち夫婦、ポッサム食べてきました。
ポッサムって言っても、動物のほうじゃないよ。韓国料理だよ。

で、そのポッサムをたらふく食べ、家に戻り、地下の駐車場に車をとめて降りた時に、相方が家の鍵を車の中に入れっぱなしにしているのに気づきました。まあ、翌朝相方は再びサッカーに行くので、すぐまた車に乗ることはわかっているのですが、家を出て駐車場に入る時には、この家の鍵が必要なのです。

私『ねえ、家の鍵入れっぱなしだよ』
相方『大丈夫よ、明日の朝また乗るし』
私『でも、また(駐車場に)降りてくる時に必要じゃん』

この、最後の台詞を韓国語で言おうとして、なんと


タシ ネリョオリル テ ピリョハジャナ


と言ってしまったのでありますわたくし!

解説すると、

タシ=また
ネリョオリル=降りてくる
テ=時
ピリョハジャナ=必要じゃない

になるのですが、問題は『ネリョオリル』。
これ実は間違いで、正解は『ネリョオル』
内訳はネリダ(降りる)+オダ(来る)=ネリョオダ(降りて来る)
それを『~(する)時』の形にすると、『ネリョオル+テ』になるのです。

なのにどうしてわざわざ『ネリョオリル』にしてしまったのか。
どうやら無意識のうちに私の脳内では何と


ネリョ降りる


に変換されていたらしいのです。がーん!!
この、見事なまでの日本語と韓国語のブレンディング。
むやみに意味が合ってるところは、『チゲ鍋』『頭痛が痛い』みたいなもんですね奥様。

相方とはひとしきり大笑いしてたのですが、このおかしさは、韓国語勉強した皆様ならきっとわかって頂けるはず。

この手の伝説、お持ちの方はぜひ教えてください。
[PR]
by たまきち | by tamakichy | 2006-02-12 11:13 | 韓国の話
ウフフのチュソク
 在韓日本人ミョヌリ(=韓国語で嫁の意)の皆様、生きてますか☆

先週末は、韓国の三大年中行事のひとつ、『秋夕(チュソク)』でございましたね。チュソク?何それ喰えるの?って方は、こちらをまず!!←完全に他力本願

去年はソウルにおりましたからね、ご多分に漏れず私めも嫁稼業して参りましたよ。ああソンピョン(=松餅・チュソクのときに作る餅菓子)だって作ったさ!!結構認知症が進んじゃってる大姑かまいながら(涙)!!

しかし、今ワタシはオーストラリアにいる。
(↑ココは『しかし』と言うより『幸運にも』が適切な表現かもしれん)
韓国にいればふぬぅーとため息混じりに餅粉こねくり回したり、飛び散る油におびえながら床に新聞紙を敷きカセットコンロでサンジョク焼いたり、皿洗いまくったりして『あぁーーっ!やっと帰れるぅぅッ!シャバの空気はウメェーー(涙)!!』くらいのヘビーな後味でこの旧盆イベントが終わるところ。
が、ところかわってシドニー。
そんな深刻なムードは微塵もなく(当たり前だ)、ものの試しに韓国人街ストラスフィールドまで出てみたところで、グロッサリーにソンピョンが置いてあるくらいで店も食堂も通常営業。嗚呼パラダイス。
(この文章もういい加減パクりすぎで叱られるかも知れん)

やたら固いソンピョンをごしごし噛みつつ(←買ったんかい!)あー今頃プサンのあの人とか、日本にいるけど多分シブモ来てるっぽいあの人とか、まだミョヌリじゃないけど渡韓しちゃってるあの人とか、


大変なんだろーなー


なーんて☆
…今…確実に友人が減っています……

さてそんなチュソク、ウチはどう過ごしていたかというと。
やっぱりパスタが食べたくなったので、にわかイタリアンご飯を作ってました。久々オイルソースパスタは、オリーブオイルでにんにくとアンチョビ炒めて白ワインでゆるめ、マッシュルームとパプリカとドライトマトとオイルサーディン投入してさっと炒めたところにパスタを絡め、パセリをぱらぱら~と散らして速攻ですすります。フェデリーニだから、すぐのびちゃうの!!そして奥はローマトマトとボッコンチーニとバジルのバルサミコサラダ。ボッコンチーニはモッツァレラの弟のようなチーズで、その昔妹がイタリアンレストランのメニューを見て『やだお姉ちゃんボッチンコーニだってーー』などとぶっこきやがった(相当恥ずかしい)、といういわくつき。コールズで5ドル弱とお安くなってたので買っちゃいました。

それにしてもたまきちくん、シデクに電話ぐらいは入れたんじゃろ…?と思ったそこの貴女。上の写真の左上をよーく見ると…あれ?…実はこの時お供にロゼワインを頂き、当然いい気持ちに酔い、そして当然心地よい眠りに落ち、その間に相方が一人で電話を済ませていたのでした。テヘ☆


しかしながら『チュソクに酒かっ喰らって夫より先にグースカ居眠りこいていた妻』とありのままの姿をどうやらレポートされた模様。たまきち危うし!!果たして私の嫁生命は!?次回に続く!!(←続きません)


料理については別館へゴー!
[PR]
by たまきち | by tamakichy | 2005-09-23 20:26 | 韓国の話
趙英男と朝鮮日報
 <「固定観念を破ろうとしたのに…」 親日騒動の趙英男氏インタビュー>

この人、何だか疲れ果ててしまった感じがする。気の毒だなあと思う。

趙英男という人はもともとは歌手ながら、知日家としても有名な人だ。その人が今年に入って、『殴り殺される覚悟で書いた親日宣言』という本を出し、話題になった。その本に関して最近行った産経新聞とのインタビューで、靖国神社に行っただけなのに『参拝した』と書かれてしまったり、インタビューの一部が捻じ曲げられて報道されたりして、日本との関係を真摯に見直そうという本の内容と折からの反日ブームとで猛烈な批判に遭っているらしい。

今までのこの人のインタビューを見ていると、首をかしげるような発言はいくつかあったものの、基本的に間違ったことは言っていないな、という印象だった。それでも、過去史に絡めて少しでも日本寄りの発言をすれば叩かれる。まだまだ言論の自由が保障されていない国だなと感じずにはいられない。

同じ朝鮮日報の記事で、<日本政府、外国教科書を比較・調査へ>というのが載っていた。
 (前略)『外交通商部の関係者は27日、「日本は近隣諸国条項など、それなりに厳正な基準で教科書を検定していると思うが、これが韓国と中国の国民にきちんと伝わっていないと見ている」とし、「この観点から他国ではどのように日本との関係を見ているかを確認するためだと思われる」と述べた。

 にもかかわらず、日本の歴史教科書の「どこに間違いがあるのか」というように歪曲を正当化するための過程だという見方も根強い。

他の当局者は「歴史の加害者として謙虚な姿勢を堅持することが歴史に対する反省の真実性を高める」とし、「日本だけが間違っているのかという態度は、日本が真の反省をしていないという意味で、その後、いかに反省と謝罪をしたとしても信じられないだろう」とし、日本の最近の足取りが反省の土台になるかどうか注目している。(以上引用)

戦争中、日本軍がアジアに対して行った行為は厳しい断罪に値するものだし、それが半世紀以上たった今でもきちんと処理されていないということは恥ずかしいことだと思う。けれど中国や韓国の教科書は、日本と違って国定一種類にもかかわらず、反日の記述に関しては過度の誇張、歪曲があると第三国のメディアで報道されているのも事実。日本の教科書の検定や採択の過程を知らず、やはり同様に国定一種類のみと誤解している中国人、韓国人も多いという。その点、日本のシステム開示や教科書内容の翻訳が、今日本国内で行われているのは評価に値すると思うし、ここまで批判の的になっている『悪名高い』日本の教科書を海外のそれと比較し、研究するのは意味がある。『歴史の加害者として謙虚な姿勢を堅持すること』は、相手の言われるまま、納得するように教科書を書き変えることではない。むしろ相手が、日本について客観的に見ても誤った内容を教科書に書き、それをもって自国民を教育しているのなら、毅然と反論すべきだと思う。もちろん同様に、自分達の教科書も理性的な目で見直し、改めるべきところは改める。こういう姿勢こそが『歴史に対する反省の真実性を高める』ことじゃないのだろうか。

日本が外国教科書の比較、研究に乗り出すと言えば『歪曲の正当化』と受け止める姿勢は、趙英男が『米国を知っている、米国が好きだと言えるように、日本に対してもそうなるべきだが、日本に対してだけは絶対的にノー(No)だとしている。日本の問題というより、われわれの思考の問題だ』と言えば『親日派』『売国奴』と罵声を浴びせる態度と一寸の違いもない。そこには微塵の理性も客観性も見られないけれど、堂々とメディアが先頭切ってこうした態度を取っているのが韓国の現状なのだろうと悲しく思う。

ところが、やはり今日の朝鮮日報に、<趙英男氏が親日派なのか>という政治部長のコラムを見つけ、少しほっとした。この記事は、韓国の全国紙ではほとんど見ることの出来ないほど、理性的な視点に立って書かれた記事だと思う。『地域紛争化しようとする日本の戦略』という言葉には引っかからないでもないけれど、それでもこの人の言っていることは正しい。

こういう人が韓国で多数派になって、小泉さんが靖国参拝を遠慮して、ついでに日本の文科相と総務大臣が交代してくれたら、日韓関係はもっとスムーズになるだろうになあ。
[PR]
by たまきち | by tamakichy | 2005-04-27 16:52 | 韓国の話
閉口
 <アニメ『火垂るの墓』今年公開が取り消しに>

母が怒っている。
今日、何気なく実家に電話したら、母がもっとも熱く語ったトピックが『一連の韓中による反日運動』だった。普段夜のニュースの時間帯なんてコタツで居眠り真っ盛り、の母がだ。よっぽど日本でも報道されているんだろうなあと感じる。もちろん、私も豪州にいたって毎日日本と韓国の新聞はネットでチェックしているから、大体のことは把握しているつもりである。

どんな大義名分を主張しようが、人間の尊厳を奪い、踏みにじり、その生涯を一方的な暴力でねじ伏せた事実がある以上、そんな『大義』はゴミ以下だ。日本の戦後処理の甘さ、その後現在に至るまでの無能な外交のツケに、50年たった今になっても悩まされているのだということもわかっている。
それでも自分の国がぼろくそに叩かれているのを見ていい気はしない。
それに対して卑屈に開き直り差別用語全開で逆ギレするだけの日本人を見てもいい気はしない。
とにかくもっと冷静になれよ、と心の中で、韓国にも中国にもそしてイライラしている自分にも言い聞かせてきた。

そこに来て、今日朝鮮日報でこんな記事を目にしてしまった。
このところなぜかずっと不愉快だったのだけど、この記事がその漠然とした不愉快さに止めを刺した。

『日本を戦争の被害者として描いたアニメーション』
って、何。
『日本を』じゃなくて、『両親を失った兄妹を』でしょう。
戦争にはいろんな側面があるはず。よく韓国では『一部の心無い日本の右翼団体が』なんて表現をするけれど、全然『一部』なんて思っていやしない本心の現われじゃないの。日本人=自分達を陵辱した加害者、という目でしか見られないからこういう出来事が起こるんでしょう。実際に戦争したくて、人を殺したくて戦場に向かった日本人が何人いると思っているの。日本人の中には一人も戦争被害者がいないとでも思っているの。東京大空襲を、ひめゆり部隊を、神風特攻隊を知らないの。死にに行くとわかっていて万歳で見送らなければいけない家族の気持ち、死にたくないのに戦争に殺された若者の話、そしてこの映画を見たことがあるの。

そこに目を向けようともしないで『市民レベルの文化交流は続けていきたい』だなんて、笑わせる。文化って、何?自分達にとって口当たりがよくて、お金になるものだけが文化なの?


あきれた。
[PR]
by たまきち | by tamakichy | 2005-04-12 00:39 | 韓国の話
テレサと呼んで
韓国人の旦那様、彼、お友達のいる方、もしくは第三国に留学中に韓国人と仲良くなった方。

そう、そこのあなた
[PR]
by たまきち | by tamakichy | 2005-03-17 12:14 | 韓国の話
ついにこの日が!!!
 来てしまいましたソルラル(韓国旧正月)!!

厳密に言えば明日9日がソルラルなんだけど、前日と翌日の3日間は祝日なので今日はお休みです。もうすぐシデクに行かねばなりません。今夜料理などの準備をして、明日の朝にチャレ・セベ等のお正月の儀式をします。

母様ったら、今日昼前に来いだなんて。
買い物から参加しろだなんて。
私、時間ないんです。
3日後にはソウルを離れるんです。
荷造りしなきゃいけないんです。
それでも昼前から行かなきゃなりませんか。

…はっ、つい愚痴が。
その代わり、明日の昼過ぎには目にも止まらぬ速さで退散しますよ。

まあ、今回のソルを最後に、当分韓国行事に参加することはなくなるだろうから(これが救い)、頑張ってきます。

それにしても最近は自分(たち)のことだけでいっぱいいっぱい。
あーあ、よくないなあ。巻き添えになってる皆さん、甘えてごめんなさい。
[PR]
by たまきち | by tamakichy | 2005-02-08 10:16 | 韓国の話
韓国入院初体験
 実は今週月曜から入院しておりました。
b0039905_184533.jpg

先ほど退院して帰ってきたのですが。
さらに実は今日、私の26回目の誕生日であり、私たちが初めて迎える結婚(入籍)記念日でもあります。そんな日に無事退院できてホントよかった。

韓国の入院生活とは
[PR]
by たまきち | by tamakichy | 2005-01-28 18:07 | 韓国の話
ウッチャッサ
 今韓国で流行っている、『ウッチャッサ』というお笑い番組があります。

『웃찾사(ウッチャッサ)』とは、『笑いを探し求める人』という意味。
毎週木曜の夜11時5分から、SBSでやっています。
スタイルとしては日本のドリフのような、がっちりセットを組んでやるようなコント形式ではなく、ステージに入れ替わり立ち代り芸人さんがきて芸を披露していく演芸形式。
で、昨日も見ましたよ。相方が飲み会だったので、一人で。

中でも私のお気に入りはこれ
『그때그때달라요(クッテクッテタルラヨ、=その時その時で違います)』というヤツ。
2人の先生がホワイトボードの英文を解説していくというシンプルな内容なのだけど、この2人の個性と強引な解説がかなり強烈。予備校のサテライト講義とかNHK教育とかで、こういう先生たまにいるなあというツボをついております。

私のお気に入りの芸人さんは、右のメガネをかけてるほうの人。
テレタビーズのような妖精声から野太い声まで使い分けるベテランさんで、私は密かに『韓国の山ちゃん』と呼んでおります。左のローラースケート先生の頭のひまわりは、毎回少しずつ成長しているようです。

解説も、例えば『OK!』と原文に書いてあったら、『これは「OK!」と読んではいけませんよ。これ、よーくよーーーく見ると実は「야 !(ヤ!=おい!とかこら!)」なんですね』。昨日ウケたのは、
『But I have no money』
と言う英文を、
『벗 아이 해봐 ! 너 뭐니 !?(ボッ アイ ヘバ! ノ ムォニ!?)』
(友の子供、飲め!何だテメェ!?)
と解説していたところ。
『ヘバ』っていうのは『やってみろ』って意味なんだけど、なぜか焼酎飲んで絡むオヤジという設定になっており、『一杯やれ!』というニュアンス。のくせして無理やりこじつけた『벗』が、文学的な『友』というちぐはぐな言葉なのがまた笑えます。
で、どうしても苦しい解説を突っ込まれたら、決め台詞の『クッテクッテタルラヨ』。

これを今朝ご飯を食べながら相方に再現して見せたら、ご飯粒を飛ばして爆笑してました。
このフレーズ、結構流行ってるのであなたの周りの韓国人にも是非使ってみてください。
コツは、
『クッテクッテ』
を小気味よく発音した後、一拍置いてから平板な低音でゆっくり
『タ ル ラ ヨ』
というところです。何かをごまかしたい時、ぴったり。
[PR]
by たまきち | by tamakichy | 2005-01-21 12:15 | 韓国の話
Xファイル
 昨日、PCの前に座っていたら、韓国人の知り合いからやたらチャットがかかった。

複数の人間を呼び込んでいきなりファイル転送してきたりURL送ってきたり、いかにもばら撒いてますという感じだったのだけど、みんな同じファイルのことで騒いでるみたいだったので、そのpdfファイルを落としてみると、例の芸能人Xファイルだった。

うーん、内容は何だか…広告代理店の資料っていうよりも、単なるゴシップと個人の主観という感じ。つまりは書いてある内容に信頼できる客観的根拠がないっていうことか。『足が短いから撮影後にCGで伸ばしている』とか『一時は6またをかけていた』とか、まあその辺の週刊誌のゴシップレベル。それでもその根拠のないマスな印象が、皮肉なことに芸能界っていうショービズの世界を支えてるのも事実で、『まあ、確かにそうだよな』と思える内容(これは私生活のゴシップではなく、俳優・タレントとしての展望についてのこと)も結構あった。

しかし、2ちゃんにセンター試験の内容をほのめかす書き込みがあったとかって騒いでる日本と、スケールが違いますな。だって100人分以上の芸能人情報だもの。韓国は確かにインターネット大国だと思う。回線速度も速いし(せっかちなお国柄ゆえか??)、ネット環境という点では快適です。見逃したテレビ番組だってネットで見られるし、リネージュみたいなオンラインゲーム分野はかなり優れていると思う。ただ、著作権とかこういう個人情報の安全性、ウイルスやハッカー対策等等、コンテンツ以外の基本部分は『甘いなあ』という印象はあった。そのくせして個人のサイトでは顔写真から実名、電話番号なんかの個人情報は皆ばんばん載せちゃってるし…。今回の件も、ファイルが広がり始めたのは16日頃からってことなのに、19日の時点では、流出経路も犯人もわからないから芸能人側も誰を訴えていいかわからない、という事態になっていた。

これは、芸能産業そのものを揺るがす大事件になる可能性もあるそうです。
犯人見つかったら、どうなるんだろう…。
[PR]
by たまきち | by tamakichy | 2005-01-20 21:30 | 韓国の話
大河ドラマの謎
 話は結構さかのぼるのですが、先週チムジルバンでボーっとテレビを見ていたら。

『土地』というタイトルの大河ドラマをやっておりまして。
日本と同じく、時代劇モノで2時間とかやっているらしいのですが、とにかくそれを相方と見ていたら、新撰組のように同じ衣装を着たグループが出てきて、その中の一人(リーダー格)が切り殺されるシーンがありました。が、それより気になったのは彼らの衣装。ゼッケンみたいなのを皆つけているんですが、そのゼッケンのお腹と背中のところに、『水』と漢字で大きく書いてあるのです。

『あれ、何だべ?』と思い、隣で見ていた韓国人の相方に聞いてみたところ。


『ああ、あれはねえ、私たち水曜日は車に乗りませんよ、ってことだよ』


ふむふむ、なるほどね今ソウルでやってる交通規制キャンペーンとおんなじね。じゃあ『火』とか『金』とかのゼッケンの人もいるわけね。あのゼッケンつけてると税金とかちょっと安くなったりするんでしょ。いつの時代も環境って大事よね。




知らないなら知らないと正直に言え。

というわけで、アレ誰か知りませんか?
[PR]
by たまきち | by tamakichy | 2004-12-19 19:22 | 韓国の話


back next random list