韓国人夫とシドニー暮らし。
あんなことこんなこと
書いてます。


食べ物ファイル倉庫
smoky kitchen


since 2002.07.25
copyright[c]2002-2006
tamakichi all rights reserved


フォロー中のブログ
halcan
上 海 食 府 ふ ぁ ...
青空の方法 KinGen...
湘南通信
青空の方法 KENTA*MAX
ばーさんがじーさんに作る食卓
あんずとクランベリー
Meglio tardi...
LINK
韓国入院初体験
 実は今週月曜から入院しておりました。
b0039905_184533.jpg

先ほど退院して帰ってきたのですが。
さらに実は今日、私の26回目の誕生日であり、私たちが初めて迎える結婚(入籍)記念日でもあります。そんな日に無事退院できてホントよかった。



体調がおかしくなったのは土曜日の朝。
もともと持病の膀胱炎が顔を出し始めており、さらに生理もばっちり始まって強烈な生理痛だったのが、朝尋常でない寒気で目が覚める。オンドル炊きの部屋で布団を3枚掛けていても震えが止まらず、ついに猛烈な吐き気を催してトイレに行くと胃液が出た。

全身寒くて痛くて、もはやどこが何痛なのかもわからず近所の内科に駆け込むと、どうやら膀胱炎を起こしている細菌が右の腎臓に転移しているとのこと。土曜の午前中なので仕方なく薬だけもらって月曜まで様子を見ましょう、ということになったものの、薬の効果はほとんどなく、週末は寒気→吐き気→高熱のエンドレス悪夢が続く。食べても吐いてしまうので、その間水分くらいしか摂取できず、フラフラに。

月曜の朝、同じ病院に行き検温すると何と40度。
その場で大きい病院への入院を指示され、紹介状を持って別の病院へ。入院手続きと検査を終え、病室に案内されて慄きます。

何と8人部屋、しかもカーテンなし。
看護婦さんを呼ぶブザーもついておりません。
一瞬『入院』というよりむしろ『入所』『入隊』という単語が頭をよぎります。

患部が腎臓なので、尿検査をしなくてはならないのですが、女の子の場合生理中に尿検査をしちゃうと尿中に赤血球が混じってしまい、『アンタ血尿出てる!!』という検査結果になってしまうのです。
で、どうするか。
尿道にカテーテル(細い管)をぐりぐり押し込み、ダイレクトに尿を採取するのです(おー痛)。が、これがもう恥ずかしくて恥ずかしくて。『もうお嫁に行けないッ(←もういっとるやん!というツッコミ入れてくれた人ありがとう)!!』。

早速左腕に点滴針をぐっさりと刺され、再び高熱と戦うことに。
基本的に腎臓の細菌を追い出すのが治療のメインなので、点滴と飲み薬でじゃんじゃん抗生剤を投入するわけなのだけど、抗生剤と白血球が体内で細菌と大乱闘を起こしているらしく、ものすごい熱と滝のような汗で最初の2日間は頭が朦朧としておりました。ひたすら抗生剤を流し込まれる肉塊と化す私。2日目の夜には自分のうわ言(日本語)で目が覚めましたよ。

さて入院3日目の午後くらいからようやく体調も安定し、周囲を見回す余裕も出てきました。
どうやらこの病院、交通事故の被害者が入院するケースが多いらしく、やたら保険屋が来たり、警察が事情聴取に来たりしてました。事故の被害者になると保険がかなり降りるらしく、長居してしまう患者さんもいるんだとかで、確かに同室のアジュンマ、マイ電子レンジまで持ち込んでいました…。韓国の病院てのは、日本の病院と違って看護婦さんがあれこれ世話を焼いてくれないので、身内の人間が代わる代わる来て世話をしなければならないようです。なので面会時間も長く、面会に来る人もやたら多い。

面白いのが入院する時にもらった案内書きに、『飲酒・私食(どうやら食事の持込)・無断外出などは強制退院になります』と書いてあったこと。飲酒はさすがにお目にかからなかったけれど(でも相方によると、病室で焼酎やっちゃう人とかホントにいるらしい)、私食はもうパラダイス銀河。病院のご飯がまずいってんで、家からタッパーのおかずやらキムチやらをほぼ100%の人が、しかも1個じゃなく2個3個、必ず開けている。お見舞いに来たお母さんが丸一食分ご飯を買ってきちゃって、病院のご飯なんか手付かずで返してる人もいたし、隣のアジュンマなんかカップラーメンを備蓄し(!)平気でズルズルやっていた。私も高熱でうなっているときに、同室の患者さんのお見舞いに来たアジュンマが、『ほーらアガッシ、あたしお餅作ってきたのよ美味しいから一つ食べなさいホレッ!』と、顔の真上にお餅をプラプラしてきた時は正直閉口ものだった。『いや、おなかの調子悪いんで…』と何とか半べそでお断りしたけれども。

b0039905_11494797.jpg

さてその悪名高い病院ご飯、基本は当然韓国食。
ご飯またはおかゆにスープと、おかず4種。
これがまずいまずいとひたすら相方に文句を言ったところ、『病院のご飯が美味しかったらダメじゃん』と切り返され思わず納得。しかしあまりのまずさに食欲さえも減退するというのはよろしくないんじゃなかろうか。ちなみに相方は私の食べ残したご飯を『もったいない』とキレイに平らげて帰りました。病院で飯食って帰る見舞い客なんて初めて見た。

さてさて腎臓の細菌も無事なくなり、金曜の午後につつがなく退院の運びになったのでありましたが。いやはや、もう絶対したくない韓国の入院。点滴の痕がまだしくしく痛みます。
トホホ。
[PR]
by たまきち | by tamakichy | 2005-01-28 18:07 | 韓国の話
<< 寿司喰いねぇ ウッチャッサ >>


back next random list